離婚後に訪れる収入と住居の変化 | 離婚後の仕事探し~専業主婦からでも大丈夫~

離婚後に訪れる収入と住居の変化

b8d2c173be45c32afb157e654f42e872_s


離婚を決断した時、まず何を考えるのかと言うと大半は離婚後の生活の事だと思います。

離婚という人生の決断と共に、これからは自分自身でお金を稼ぎ、生計を立てなければいけなくなるので、離婚後に地に足をついて生活していくのはそう簡単な事ではありません。

ですから、別れてからもできるだけ楽な暮らしができるように、離婚までにへそくりを貯めたり、パートへ出て社会に慣れておくなどの万全の準備をしてから別れる方も少なくありません。

シングルマザーの生活環境の変化についてご紹介させていただきます。

離婚後の生活環境の変化と現実

子育てなどに専念していた女性が、離婚をした場合のその後の生活はどうなっているのか?と言うと「多くの女性が苦しんでいる」というのが本音ですね。

生活に苦しむ女性の多くは「子供を育てながら生活しているシングルマザー」です。

離婚をするというのは自分が世帯主になり、子供を育てながら、仕事も家事もこなさなければなりませんが、そう簡単ではありません。

子供にとっても夫婦が離婚すれば、大きく環境が変化するので、これから離婚をしようと考えている方は、あまり感情的にならず、計画的に離婚を考えなければなりません。

シングルマザーが子育てをしながらの仕事をする難しさ

女性も社会に進出する時代。

なんてニュースで取り上げている割には、まだまだ女性への風当たりは強く、小さなお子様を抱えながらの仕事は、面接すら受け付けてくれない会社もあるのが現状です。

例えば子供の急な体調不良。

学校や保育園でもらう感染病で、明日お休みしなければならないというケースに何度も遭遇します。

育児やシングルマザーに寛容な会社なら、文句も言わず休ませてくれる会社もありますが、女性への扱いが悪いところだと「もう来なくていいよ!」と言われてしまうことも少なからずあります。

正社員でしたら、有給を使わせてもらえれば休んでも給料は減りませんが、パートの場合は時給で月のお給料が変わる為、出勤できない日が多くなれば、もちろん月収は減り、生活に大きな打撃を与えます。

収入が少なくダブルワークで働く女性が多い

また、シングルマザーはダブルワークをしている方が非常に多い。

生活費を稼ぐため、日中だけでなく深夜も働く人も沢山いらっしゃるのです。

前の夫から養育費を貰っていたが途中で支払いが無くなった

最初から養育費を貰っていない

など、ホントろくな男がいないので、ダブルワークをしなければまともな生活ができないという家庭が多いのです。

ダブルワークって体も壊しやすいですし、無理矢理働かなくても良いように子供の為に使える時間の確保、自分の体も為にもダブルワークを避けるため離婚する前から正社員の仕事に就いておくようにするなど、何年かは生活できるくらいの貯金をしてから離婚に至る方が賢明でしょう。

離婚後の住居はどんな所を選べばいいのか?

夫の収入があった時はマイホームを持っていたり、賃貸でも少し間取りは大きく、平米数も広めな物件に住まわれている方が一般的ですが、それは夫の収入があってこそ成り立つもの。

離婚してから新しい住まいに引越す必要が出た時、新たに賃貸アパートやマンションを借りるとなると、敷金、礼金、賃貸費用、家具や家電など、大きなお金が動きます。

選択肢としてはいくつかあるのでります。

・マイホームにそのまま住み続ける

元夫が家を譲るケースです。

家の名義がほぼ元夫なので、マイホームを購入している家庭では大半は元夫が住みますが、譲ってもらえるケースも少なくありません。

ただ、住宅ローンなどのお金の支払いはどうするのかを事前に決めておかないと後々トラブルになります。

・実家に戻る

少し居心地は悪いかもしれませんが、帰れる場所がある方は甘えておいた方が良いでしょう。

金銭面、育児環境などを考えると、実家に戻るという選択肢は非常に良いと思います。

親が働いている場合は仕事をしなくても生活ができますし、お子様にとっても自分以外にも面倒をみてくれる人がいるというのは安心感があります。

ただ、親は先に居なくなる存在。

ですから、いつかは自分一人、もしくは新しいパートナーを見つけて自立しなければならない時がきます。

・賃貸アパート、マンションを借りる

賃貸物件を借りる際は、必ず保証人が必要となります。

最近では、家を借りる前に保証人を立てても、保証会社の審査を受けなければなりません。

審査が必要な物件は収入が少ないと入居するのが困難な為、自分で物件を選ぶ際は、選択肢はそれほどないという事を頭に入れておきましょう。

実際に私自身が2歳の息子と離婚後に選んだ物件は「審査不要の1DKの部屋」でした。

結婚している時は2LDKだったのに対し、1DKとかなり狭いところになりましたが、毎月の家賃、保証会社の審査が無い物件の2つの条件で見つけられたのがこの1件だけだったのです。

この時、営業職の正社員で働いていましたが、働きたてで収入も不安定のため審査には通らなかったのです。

1DKのユニットバスで月々42.000円のお家賃。

子どもと2人、狭くて暮らせなくはないけど、金銭面のことを考えれば、この42,000円という家賃が生活する上では正直やっとでしたね。

離婚後の女性の住居先の割合

離婚後の生活を想定して決断・行動を!

離婚する際はその後の生活をしっかりと考えてから決断しましょう。

一人で子どもを育てて、全部自分で決断し、全ての事をこなしながら生活していくって本当に大変です。

それに何よりお金がかかります。

子供が保育園、小学校、中学校、高校、大学と成長していけば、どんどん支出は増えます。

母子手当がある!子ども手当がある!と言っても、貰える金額はそう多くはありませんし、母子手当も収入を得れば、その分減額されてしまいますしね。

住宅手当もある場合もありますが、それは一部の決められた物件に限ります。

支援に頼るのではなく、支援を使いながら生活できるように離婚前に出来る事をしていきましょう。

そのために、ある程度の預貯金と仕事に就いておくなどの下準備が必要です。

離婚して夫というストレスから抜け出せたとしても、次にやってくるのは「お金がない」というストレスです。

金銭面の不安は心にゆとりを無くします。

離婚後の生活は実家に帰るか、新しく家を借りるかで大きく変わってきますが、自分が頑張って働かなくてはいけないという事は避けて通れないのです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ