引越し業者の料金を安く抑えるポイント | 離婚後の仕事探し~専業主婦からでも大丈夫~

引越し業者の料金を安く抑えるポイント

fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_s
引越しは業者にもよっても異なりますが、業者に頼んだ方が高いという印象をお持ちの方が多いと思います。

確かに自分で全て出来るのであれば自分で運んだ方が良いのは当たり前ですが、家具を伴う女性の引越しは自分で運ぶのは重すぎて無理だというケースも多々あるのです。

また、遠距離やその他の諸事情で、自分で荷物を運べないことも多々あるので、多数の荷物があったり、車をお持ちでないなどの場合は、やはり引越し業者を活用することが最適です。

ですが、引越し業者を利用する上で注意していただきたいのが最初から1社に絞ってお願いしてしまう事。

1社だけに絞ってしまうと、他の業者の価格と比較できない上に、こちらの足元を見られ、高い見積りを出されてしまうこともあります。

実際に利用されている方は「○○引越し会社だと5万円と言われたけど、一括見積もりで3万円まで安くなった」「最初に出してもらった業者の見積もりから半額になった」という人もいるので驚きです。

ネットで引越し業者の一括見積もりを行えば、料金やサービスの比較をしながら、簡単に一番安い業者を自分で選ぶことができるので、上手に活用して引越し費用を抑えましょう。

⇒⇒一番安い引越し業者を調べてみる

引越し業者料金一括見積もりサイトを利用しよう♪

現住所、引越し先の大体の住所、荷物の数、単身か?家族か?、引越しの希望日時(引越し日時は「いつでも」にしておくと、より安価で済みます)などの情報をチェックし、お客様情報を入力すれば、業者から電話かメールで連絡がきます。

その時に

  • 大きな家具の数
  • 冷蔵庫や洗濯機などの大きさ
  • 荷造りや荷ほどき
  • 不用品の処分

の可否を記入、もしくは口頭で伝えること。

こちらは引越し業者の方に家に来てもらい、全てお任せして正確な見積もりを出してもらう事も可能です。

また、引越し元や引越し先が

「アパートなのか?」
「戸建てなのか?」

アパートなら引越す場所は何階なのか?でも料金が異なってきますので、情報は正確に伝えるようにすれば、より正確な引越し費用の見積りが出ます。

大体、見積依頼から1日~2日ほどすると業者から連絡がきます。

そこで、どの業者に頼むかを価格やサービスなどで比較し、選ぶことが可能になるのです。

業者によっては新生活キャンペーン新生活キャンペーンなどをやっている場合もありますので、利用してみて一番自分が良いなと思うところを利用すると良いでしょう。

ちなみに見積もりだけ出したけど、料金が高いからやっぱり止めておくというのも問題ありません。

 引越し業者一括見積もりサービス活用のメリット

引越しシーズンを除けば、大抵の引越し業者は仕事が欲しいのが本音です。

引越しの一括見積もりサイト経由なら、他の業者にも見積もりを依頼していることを業者は知っています。

業者目線の話をすると、お金になるなら、正直どんな仕事でも欲しいのです。

一括見積もりのサイトに掲載されているのは、大手の引越し会社が多く、従業員も多数抱えてますからね、

だから、基本的には多少なりとも料金を安くして、お客様に提案しなければならないのです。

いわゆる価格競争ですね。

最大で10件までの業者の見積りがいっぺんに出来るので、ある程度見積りを出してもらったところで3社ほどに絞っておくと良いでしょう。

また、実際に自宅に来てもらって見積もりする時も、3社に絞っておけば、料金を安くしてもらう良い材料となりますので、多く場合はネットの費用よりも安くなります。

⇒⇒引越し一括見積もりを見てみる

引越し業者に頼むとこんなメリットも

引越し業者はプロですから、何をどう運べば良いか?何から運ぶべきか?などを熟知しています。

また、自分で行うよりも、手早く確実に引越しができるのも頼んだ方が良い理由の一つです。

例えば、同じ会社の人が早く終わった場合は、途中から合流し、通常の2倍から3倍の速さで終わってしまうこともあります。

業者によってはサービスで、不用品やダンボールの回収を無料で行ってくれるところもあるので、引越しは自分で全部やろうとするのではなく、重たい洗濯機や冷蔵庫だけでも業者の利用を検討してみましょう。

ダンボール箱の数で料金が決まる

大きな家具や電気製品は別として、細かい衣類や食器、雑貨のたぐいは箱に詰めることになりますが、そのダンボール箱の数で料金は変わってきます。

つまり、小さいダンボールを2つにするよりも、大きいダンボール1つの方が料金は安くなります。

ですから、この機会に不要なものは処分するのも良いですね。

一度使用したけど、もう使うことはないだろうと思われる物って、結構ありませんか?

洋服もいつか着るだろうと1年以上もタンスにしまっていたりする女性も多いですからね。

リサイクルショップなどで売ってしまえば、引越し費用の足しにもなりますし、荷物も減って一石二鳥です。

これだけでも、ダンボールの数はかなり少なくなりますし、それだけ費用も安くなるという訳です。

まとめ

引越しの荷物はできる限り少ない方が、料金も安く済むし荷造りや荷ほどきの事を考えても良いに決まっています。

運んだり、また再度生活できるように荷物をほどいて整理整頓するのも大変な作業ですからね。

小さい子供もいれば時間もかなりかかるし、一日なんかではほとんど片付かないでしょう。

この機会に断捨離をして、新生活に向けてスッキリとした中で生活をスタートさせたいものですね。

⇒⇒引越し一括見積もりを見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ