40代の専業主婦だった人が正社員になるには | 離婚後の仕事探し~専業主婦からでも大丈夫~

40代の専業主婦だった人が正社員になるには

02be398abdb8e957b8802dddceaaef95_s


結婚をきっかけに仕事を退職し、専業主婦として家事や家族のサポートに長年時間をささげてきたが、離婚を決意しようと考えた時に、まず考えてしまうのが「社会復帰できるのだろうか?」という不安が真っ先に浮かんでくるのではないでしょうか。

長い期間、専業主婦として過ごしてきたので、全く社会に出ていなかった自分が、今更世の中から認めてもらえるのかだろうか?

ましては年齢も40歳を超えているし、正社員なんて・・・と考えて正社員への道を諦めている方も少なくないでしょう。

そんな40代の専業主婦の方が正社員雇用を目指す方法をご紹介致します。

40代から正社員にはなれないと決めつけない!

40歳からの女性の就職は簡単なことではありませんが、正社員として雇用を目指せない訳ではありません。

ハローワークで就職先を探したけど、全く良いところが無かった、受けたいと思った企業は年齢制限が書いてあったなど、落ち込むこともあるかもしれませんが、求人は何もハローワークだけしかない訳ではありません。

現代はハローワークだけではなく、求人サイトが沢山あるので、職安だけでなくあらゆる求人サイトをフル活用するのが正社員雇用を目指す第一条件。

転職サイトには既に登録しているという方も多いと思いますが、1つの求人サイトだけでなく、多くの求人サイトに登録することで就職率も格段にアップします。

40代になると、20代や30代と比べれば求人が少なくなっているのですから、会員登録は多くの会社で登録を済ませておくべきでしょう。

基本的には転職エージェントや転職サイトというのは登録・利用に関する費用はかかりません。

求人検索から就職斡旋、就職後のサポートまでの全てのサービスを無料で受けられるので、急ぎの場合は複数の会社に登録しておくことが、早期に就職口を見つけるポイントになります。

40代女性の正社員雇用は資格が有利!

社会経験に乏しい40代の女性が就職するのには資格が有効です。

ですが、どんな資格でも持っていれば正社員になりやすいのか?と言うと、そうではありません。

資格取得を考えるなら、同世代の人たちが多く活躍する分野での資格を取るのが効率的です。

例えば、介護職の分野では、慢性的に人材不足が続いており、どの事業施設も人手が欲しい。

ですから、経験者だけではなく、未経験の介護福祉士やホームヘルパー2級を保持している方は正社員雇用への道も開きやすいのです。

介護資格は保有していれば経験者、未経験者問わず、採用される確率は高い。

特に介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)は、短期間で取得できますし、正社員採用もそれほど難しくはないので、これから離婚して新たに仕事を考えている人にはおすすめですね。

国の政策を有効活用しよう!

2014年度から女性の社会進出を促す、安倍内閣が打ち出した政策に「インターシップ」という制度ができました。

インターシップと聞くと、学生が試用期間で働くイメージですが、専業主婦など長い期間働いてこなかった人が、ブランクを埋める為に実習生として仕事をするという画期的な制度ができました。

長い期間社会から離れてしまうと、いきなり仕事に出ようと思っても不安が先に出てきてしまい、一歩がなかなか踏み出せませんが、この制度を利用することで社会に出る自信を取り戻す事ができ、さらに日給5.000円~最高は7.000円までの支援を受けられるのです。

過去に同じ会社で、2年以上の正社員経験がある方は応募することができるので、社会に出て働く感覚を取り戻す為におすすめです。

40代からの就職に自信が無い方は自己のスキルアップを!

地域限定になりますが、東京都にお住まいの方に必見なのが、女性の再就職のあたって、サポートセンターが、実に多くのサービスを提供しています。

就職活動にあたって必ず必要になる履歴書ですが、何年も記入していないと、正しく書けているのかどうかもいまいち分からないですよね。

そんな時に使えるのがサポートセンター。

履歴書の書き方など丁寧に一から教えてくれます。

この年齢になって友人に聞くのは恥ずかしいですしね。

それ以外にも、面接の受け方、パソコンの使い方、経理などの専門的な技術を学べるクラスに加え、フォローアップサービスなど充実したサポートを受ける事ができるので、土台を作り自信を持って就職活動をすることで正社員雇用の道は開かれて行きます。

全てにおいて自分の行動力次第で大きく変わってくる項目ばかりでしたが、企業が求める人物像は「自ら動く人」です。

40歳超えたからと言って、悲観的にならずに自分を輝かせる為に色々な手段を活用し、自分で道を切り開いていきましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ